続おばちゃんDAYS

元給食調理員、現販売員たき子のオオサカのおばちゃんブログです。大学生の息子との二人暮しを楽しんでます

『スイス風アップルタルト』リンゴを愛しリンゴに愛された乙女が作るリンゴスイーツ第2弾

こんにちは、たき子です。

 

リンゴを愛しリンゴに愛された乙女によるリンゴスイーツの第2弾は『スイス風アップルタルト』です。

 

第1弾『丸ごとリンゴの穴ぽこケーキ』の記事はこちら↓↓

www.takiko-blog2.com

 

『スイス風アップルタルト』は、パイ皮を一度焼き、クルミを敷いた後うす~くスライスしたリンゴを並べて再び焼き、カスタードソースを流し入れてもう一度焼く…という、少々手の込んだお菓子です。

 

 

 

 

 

レシピ『スイス風アップルタルト』


f:id:takiko2:20201216142829j:image

 材料》直径18㎝タルト型1個分(4~6人分)

 冷凍パイシート   2枚

 リンゴ       2個
 砂糖        大さじ2
 シナモンパウダー(お好みで) 少々

 むきクルミ     30g

 パン粉       大さじ2

 カスタードソース
  生クリーム    100g
  全卵       1個
  黄身       1個分
  砂糖       大さじ2
  コーンスターチ   小さじ2
  (小さじ1の水で溶いておく)

 仕上げ用
  アプリコットジャム    大さじ2
  ブランデー    大さじ1

 

準備
・パイシートは冷蔵庫で解凍しておく
・オーブンは190℃に余熱しておく


作り方


Step. 1 パイを下焼きする

①2枚のパイシートを1㎝ほど重ねて繋ぎ目がなくなるよう押しつけ、1枚のシートにします。

f:id:takiko2:20201219230613j:plain

②タルト型にパイ皮を合わせて、はみ出した部分を切り取りとり、いったんラップをして冷蔵庫で30分寝かせ(生地の縮みを少なくするため)、フォークで穴をあけます。

f:id:takiko2:20201219230721j:plain

テフロン加工のタルト型の場合は良いのですが、そうでない場合、バターを薄く塗って強力粉をはたいておきます(くっつかないように)。

③アルミホイルを敷き、重しを散らして190℃のオーブンで20分ほど焼きます。

f:id:takiko2:20201219230925j:plain

まだサックリしていないけど大丈夫!
これからまだ2度も焼きを入れられちゃいますからね~♪

 

Step. 2 リンゴを乗せて焼く

パイ皮を焼いている間にリンゴの用意をします。

①リンゴは皮を剥き芯を取って2~3㎜にスライスし、塩水にくぐらせます。

f:id:takiko2:20201219231142j:plain


②キッチンペーパーでしっかり水分をとったリンゴに砂糖とシナモンパウダーをまぶします。

f:id:takiko2:20201219231229j:plain


③下焼きしたパイに、粗く刻んだクルミとパン粉を敷きます。

f:id:takiko2:20201219231304j:plain


④リンゴをキレイに並べ、上火を強めにし210℃に上げたオーブンで10分焼きます。

f:id:takiko2:20201219231415j:plain


Step. 3 カスタードソースを加えて焼く

リンゴを焼いている間にカスタードソースの用意をします。

①カスタードソースの材料を全て合わせて混ぜておきます。

f:id:takiko2:20201219231504j:plain


②焼けたパイにカスタードソースを流し入れます。

f:id:takiko2:20201219231544j:plain


ぴったり入りました♪

f:id:takiko2:20201219231610j:plain


③170℃に下げたオーブンで30~40分、表面がこんがりして、カスタードの部分に竹串を刺してみて何もついてこなくなるまで焼きます。

f:id:takiko2:20201219231643j:plain

④アプリコットジャムをブランデーでのばしたものを塗れば完成です。

f:id:takiko2:20201219231708j:plain


タルト言うネーミングだけど、変わり種のアップルパイですね!
断面のアップはこんな感じ。

f:id:takiko2:20201219231817j:plain


さくさくパイの中に若干シャキッと感の残るリンゴとぷりんとしたカスタードのハーモニー。

めんどうだけど、決して難しいお菓子ではないのよ。
泡立てもないし失敗は少ないんだよね。
冷やしてもいいけど焼きたての味は格別なので、ぜひ一度作ってみてくださいね~♪ 

 

リンゴの皮と芯も捨てずに再利用

りんごを愛する乙女としてはリンゴの芯も皮も捨てたりしない。

もっと量があればリンゴのジュレ(リンゴの自然なペクチンで固まったゼリー状のやつ)を作るんだけどな。

f:id:takiko2:20201219232625j:plain

以前作ったリンゴのジュレの写真。リンゴのジュレのレシピはいずれまた♡

今回は2個分の皮しかないからアップルティーにした。


f:id:takiko2:20201216142754j:image

 

芯と皮を煮出した煮汁で紅茶を入れるとリンゴの爽やかな酸味が加わった美味しいアップルティーになるの。


f:id:takiko2:20201216143042j:image

アップルティーでいただくアップルタルト最高♡♡

 

スイーツ数珠つなぎ

生クリームが残ったのでスイートポテトも作ってみる。

ちょい地味な見栄えのしないスイートポテトになっちゃったので、ホイップしてスイートポテトに添えてみた。


f:id:takiko2:20201216143056j:image

後から写真で見ると。。。まだ地味だわね。

可愛いお皿を選ぶべきだった?それとも粉砂糖をかければ良かったのかなあ。

小物使いのセンスが皆無のたき子なのだった(´Д⊂グスン

 

いやいや、センスのないのは百も承知の助!

気を取り直して次の数珠つなぎ行ってみようー!!

 

サツマイモは100円でデカイの3本の大特価だったのよ。

スイートポテト用に蒸したサツマイモが余ったのでブルーチーズをオンしてみた。


f:id:takiko2:20201216143110j:image

サツマイモの甘さとブルーチーズのしょっぱさが思いのほか相性抜群だったよ〜♪

 

残った材料は何が何でも腐らせず使い切るという気合いでもって(ケチともいう)365日数珠つなぎスイーツ食べましょうねえ(*´艸`*)